職場後輩との相性が合わずイライラする【ココロノマルシェ】

表紙の画像 ご相談(ココロノマルシェ)

心理カウンセラーのリエコです。
今日は『ココロノマルシェ』に寄せられたご相談にお答えしたいと思います。

後輩への嫌悪感とその発散ができずにたまるストレスの悪循環にいます。

いつも読ませていただいています。
後輩指導に悩んでいる社会人3年目です。

私自身について簡単に
・教職、3年目
・学級担任の主担任
・はっきりとした言い方をするところがあり、敵を作ってしまうこともある
・体育会系

後輩は
・新卒1年目、同性
・同じ学級のサブ担任
・運動部ではあったが、ザ体育会系ではない

はじめての直属の後輩として
最初は可愛がってあげたい気持ちが強かったんです。
気にかけて声をかけたり、仕事はまずは1人でもできるような前年のデータがあるものからお願いしたりとしていました。
自分が新卒の時に仕事を任されると居場所があると感じて嬉しかったので、少しでも彼女が「これは自分の仕事」と思えるものを用意しようとしました。

まず年度始めから1ヶ月して他の先生に呼び止められました。
「彼女、隣のクラスの先生に相談してるぞ?大丈夫か?」というのです。
隣のクラスの先生は私が新卒の時の指導教員。体育会系の私にとっては絶対に頭が上がらない先生でした。
分かってやっているのか違うのか、定かではありませんでしたが、なぜ私が頼んだ仕事を私を飛び越えて他の先生に相談するのか?
モヤモヤとはしましたが教えてくれた先生からも励まされ、事前に丁寧な説明をしてから任せるように変えました。

しかし、いくら丁寧に伝えようとしても
私もはじめての後輩指導で要領がつかめず
意図しない事をしてくれる場合がしばしば、、、

ただ大きな失敗!生徒に影響!てことでは無いんです。
例えば、
私は主担任で仕事も後輩よりは多いのですが、生徒掌握を私に頼んできたので別の指導に入るのか?と思いきや職員室で空き時間をとっている とか
採用試験期間にはたくさん空き時間をもらっていたにもかかわらず、任されていた仕事を進めていなかったのでほとんど他の先生たちがやる(でも自分は仕事いっぱいで時間なくて、、、と言ってました)
といった具合です。

後輩に指導しながらも、学級の雰囲気に影響を与えたくない気持ちがあるんですがどうしても許せない気持ちもあります。

無理にコミュニケーションをとる→イライラする→指導→言っても伝わらない→イライラする→学級の雰囲気が気になる→最初にもどる

といった感じで悪循環です。
また、1日に何度も注意するのは両方消耗するので、気になったことを飲み込むことも多いのです。
それもイライラの原因になっていることは
分かっているので言えばいいのでは?と
思うのですが、他の先生や生徒の前で細かいことを伝えるってこっちが悪者になりません?
「返事もっと明るくしないと」とか
「時間は守らなきゃ」とか
いちいち言う先輩なんて下手すれば「オツボネ」って言われますよね、、、。

愚痴についてもおんなじで
話してみるとすごく小さいことだったりするんですね。
気のない返事とか、ちっとも気が利かないとか、日常的だから許せないんですが
他人からみたらそんなこと?て思われて
すぐイビるやつ、てなりそうで。

そしてたかだか3年目なんですよね、私も。
だから自分を棚にあげてるんじゃないか、と
後輩に嫌悪感を持つたびに自分もそうなんじゃないかと苦しくなるんです。
もともと私も誰かの悪口より良い話やおもしろエピソードでお酒を飲みたい口なので、このイライラがいつも不完全燃焼しているのです。
最近はちりつもの火種のせいで、後輩が褒められたり笑っていたりするだけで心がスン、、、となる始末です。

合わないんだ、と残り数ヶ月は諦めることもできますが、
3月に「まぁ、いっぱしになったかな、あなたも私も。」とできればいいたいんです。
ぜひアドバイスお願いします。

from もみさん

もみさん、はじめまして。
心理カウンセラーのリエコです。

1つの仕事を2人組でこなしていく状況で、お互いの歩調が合わない。。
それは何かと気を揉みますね。

もみさんは後輩に対して精一杯の配慮をしてきたのに、それがうまく伝わらないのはとても残念だし、
仕事上のコミュニケーションが困難というのは、かなりのしんどさを感じさせるものと思います。

毎日のことだし、後輩とはできるだけよいチームになりたい。
生徒たちに影響を与えたくない。
他の先生方の目も気になる。

そんな想いがある中で、うまくいかないことを全て自分が飲み込んでいる状況なのですから、ストレスがたまるのも当然です。
後輩にも嫌悪感が出ちゃいますよね。

ご相談文からは、もみさんの責任感の強さ、面倒見の良さ、そしてご自分に対する俯瞰の目を持ち合わせるバランスの良さが伝わってきます。

もみさんのような先輩と組むことができたら幸せって感じる後輩だっているはず。
でも、たまたま今回のパートナーとは相性が合わなかったのでしょう。

合わないんだ、と残り数ヶ月は諦めることもできますが、
3月に「まぁ、いっぱしになったかな、あなたも私も。」とできればいいたいんです。
ぜひアドバイスお願いします。

そうですね。
もみさんのおっしゃる通り、お互いに何かしら成長できるといいですよね!

私は、問題は「何か必要なこと」を伝えるために起きていると考えています。

3年目のこのタイミングで、主担任と新人副担任という立場で、この後輩と出会ったこと。
この出会いは、もみさんに「何かを伝えるため」の出会いだったと思うのです。

せっかく3月まで一緒にやっていくパートナー。
今回のお困り事から少しでも何かを得られるよう、私なりの考えを2つ述べさせてください。

*****

1つ目は「自分軸で選択する」という視点です。

ご相談文を読んで、もみさんはとても責任感の強い方だと思いました。

とくに、クラスの主担任としての責任感。
生徒たちに良い環境で学んでほしいという想いがとても伝わってきます。
そのために、主担任と副担任が”良いチームワーク”で在りたいという想いも。

もみさんに大切に向き合ってもらえる生徒さんはとても幸せですね。

今回のことは、もみさんに「大切にしたい想いや信条がある」ということを、改めて教えてくれていると思うんです。

でも現状は、
●残念ながら、後輩と一緒に「大切にしたい想いや信条」を分かち合うことはできなかった。
●分かち合えないが、後輩には大きな失敗がなく、生徒に影響することもない。

そうなった時、もみさんには選択肢がうまれます。
●もみさんの想いや信条を大切にしたいですか?
●自分の信条よりも、「学級の雰囲気」や「職場の空気感」を大切にしたいですか?

そこのところがはっきりすると、その後にとる対応や覚悟のようなものが決まり、モヤモヤ感が薄れるはずです。

もし「もみさんの大切にしたい想いや信条」を守るなら、
いちどお互いの信条をシェアして、妥協点を見つけてみるといいと思います。
お二人には、信条は違っていても「よい仕事をしたい」という共通項があるはずです。
そのための歩み寄りができるといいですよね。

もし「学級の雰囲気」や「職場の空気感」を大切にしたいなら、
自分の信条は自分で大切にし、同様に、相手の信条は「相手にとって大切なもの」と尊重することになります。
その時、「妥協」ではなく、もみさんの「新しいやり方」を模索する方向に発想転換できると、もみさんの視野を広げることができるのではないでしょうか。

ざっくりとした例えなので「2択でなんて割り切れないよ」というご意見もあると思いますが、ここでは「物事の捉え方」として参考にしていただければと思います。

相性が合わない場合、なんでも2人でやろうとせず、誰かに間に入ってもらうのもよいと思います。
もみさんが心地よく本業に打ち込める環境に近づけるといいですね。

*****

2つ目は「パートナーは鏡」という視点です。

心理学の言葉に「パートナーは鏡」とか「嫌いな人は、抑圧している自分を教えてくれる」という言葉があります。

どちらの言葉も「相手の要素が自分の中にもあるって考えてごらん」ということを示唆しています。

そう思えなくても、「そうだ」と思ってみていくと、新しい気付きを得られることがあります。

ここからは、私の経験を絡めてお伝えしていきますね。
実は私にももみさんと似た経験があるんです。

同じ業務を分け合うチームで、私はリーダーの立場。そして、相手は後輩です。
とても真面目に仕事に取り組む方なのですが、ある部分でどうしても価値観が合わないんです。
私が大切にしてきたことを、とても軽く扱っているように見えました。
業務上で大きな失敗はないのですが、彼女には独自のやり方がありました。

そこで、「彼女の苦手なところが自分の中にもある」という視点で、いちど自分を振り返ってみたんです。
「私は、誰かの大切なものを乱していなかったかな?」って。
それはそれは、とても嫌な気持ちになりましたよ。。
だって「自分が嫌悪している部分」が自分の中にあると仮定するのですから。

でも、少したって思い出したことがありました。
かつて、私も上司に対して同じような態度をとっていたのかもしれないな、と。
状況設定は全く違うけど、あの時の上司は、今の私と同じように感じていたんじゃないかな、と。

そして「あぁ、私は彼女だった」と腑に落ちて、彼女のことを少しだけ理解できたんですね。
すると心に余裕ができて、私の捉え方も変わってきたんです。

私の場合は「自分が大切にしてきたことは、自分が大切にすればいい」と割り切れて、
仕事の固執を緩められたことで、結果的にとても気持ちに余裕がうまれました。
もしも彼女の”独自のやり方”が通らないことがあれば、その時気づいてもらえばいいやって。

すると彼女も仕事がしやすくなるわけで、得意部分が発揮されていきます。
私が苦手とする「細かな書類のチェック」、彼女はとてもいい仕事をしてくれるんです。

また、かつての件を思い出せたことで上司にものすごく感謝がわいて、
何かの折に感謝の気持ちを伝えることができました。
それも、この気づきの恩恵だったなぁと思っています。

もみさんにもしも思い当たることがあれば、参考になさってみてください。
何かしら気づきを得られると、この件の見方が変わってくるのではないかと思います。

*****

以上、2つの視点をお伝えしました。

後輩さんとの出会いが、もみさんにとって何かしらのギフトに変わるといいですね。
3月まであと少しですが、応援しております!

心理カウンセラー リエコ

カウンセリングメニュー 
お客様のお声 
お問合せはこちらへ
タイトルとURLをコピーしました